病棟

郡山青藍病院では利用患者さんの送迎サービスもある

事前に予防

病気

最大の危険因子

脳卒中は日本人の死亡原因の第3位であり、助かっても重い後遺症が残ることがある危険な病気です。事前に発病の因子を発見して予防するには、脳ドッグで検査することが一番です。一般的に脳ドックを受ける年齢は50代以上の方が多いのですが、戦後の欧米型食生活の普及により高血圧や脂質異常症の診断をされている人も、30代から40代にかけても増えていて脳卒中になる危険も高まっているのです。京都に居住の方で万一に備えるなら40代になってから受けるのでなく、30代のうちから脳ドックで検査を受けていれば安心です。そして脳ドックで受ける画像検査は、頭の断面を写し出すMRI検査や血管の状態を見るMRA検査、また頚動脈硬化を調べる頚動脈エコー検査があります。

発見できる病気

京都の脳ドックを受けると、発見できる病気に無症候性脳梗塞があります。脳の細い血管が詰まって起こる脳梗塞で自覚症状が全くないので、本人も脳ドック検査を受けるまで気づかないことがほとんどです。若年層にはあまり見られない症状ですが年齢とともに増え、脳の中で拡散していくと脳梗塞を発症する可能性が高まっていきます。次に京都の脳ドック検査でよく発見される病気に、未破裂脳動脈瘤があります。未破裂脳動脈瘤とは、脳にできた血管のコブのことでいつ破裂するかわからない危険があり、コブが破裂するとクモ膜下出血となり死亡することがある病気です。この病気も自覚症状がなく脳ドックで検査しないと発見は困難です。脳卒中は普段健康だった人が突然倒れることのある怖い病気なので、京都の若い方も受けてみた方が健康のためにはいいです。